レディースローンと普通のローンの違い

レディースローンという言葉がありますが、これは女性向けのローンサービスを指す言葉になります。別にはレディースローンなどと呼ばれる例もあります。

女性向けのレディースローンとあり、普通のローンと違いがありそうなイメージがありますが、それほど明確な違いは存在しません。しかし、レディースローンは女性向けのサービスだと宣伝されていることから、女性が使いやすいよう、工夫されていることが多くあります。

ローンのことで相談したり、問い合わせる時に窓口のスタッフが男性だと、女性は不安に感じることがあります。レディースローンは電話で対応するスタッフが全員女性であるケースが大変目立ちます。

相手が同性ですから、相談や問い合わせがしやすいというメリットがあります。

また、一部のサービスでは、レディースローンのカードを提携先の店舗で提示するだけで、割引サービスを利用できる例があります。このような特典があるサービスはあまり見かけられませんが、借りられる条件が整っていれば、特典付きのレディースローンを申し込みの候補に含んでみてもよいでしょう。

その他に関しては、普通のローンと変わりません。増額の有無、返済方法など、扱いは同じです。

カードローンに多いレディースローン

お金を借りる手段として用いられるサービスには、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといった目的別のローンが有名ですが、これらのローンでは別の目的にお金を借りることができません。

レディースローンの場合だと、目的は特に問われない、フリーローンやカードローンでサービスを提供している例が多く見かけられます。金融機関が主に用意する、フリーローンでは借入に手間がかかるデメリットがありますので、簡単にいつでも好きなタイミングでお金を借りたいなら、カードローンが最適です。

女性向けのカードローンは銀行や消費者金融、信販会社が取り扱っています。消費者金融の場合だと、大手でなければカードの発行をしていませんので、街にある小さな消費者金融ではなく、大手の消費者金融で利用するのがおすすめです。

カードローンの申し込みでは、わざわざ店頭窓口や電話で行う必要がないことがほとんどです。

サービスを提供している会社のホームページから、簡単に申し込める仕組みが存在します。パソコンやスマートフォン、携帯電話を使って楽に申し込めますので、お金を借りることに関する周囲の目が気になる女性なら、インターネットを上手に活用してみましょう。

増額を希望する時には

カードローンでは限度額の増額を申し込むことができます。これは普通のカードローンだけでなく、レディースローンでも同様です。

増額の際には、申し込みの時と同じく、審査が行われますので、今までの返済で滞りの経験があると、審査に通らず増額を断られる恐れがあることから、将来の増額を希望するなら、今の利用残高を契約内容を守ってきちんと返済する努力が必要です。

増額の希望は最高限度額の範囲までならいくらでも構いませんが、相手が希望額をそのまま適用してくれるとは限らないことに注意してください。希望よりも低く設定されることがあったり、多く設定される場合もあります。

契約をしたサービスによっては、利用者が特に行動を起こさなくても、会社側から増額に関する誘いの連絡が届くケースも存在します。この状況は会社側から、優良な利用者として信頼をされている証ですので、増額の審査に通りやすいというメリットがあります。

このような誘いの連絡が届いたならば、今後も便利にカードローンを利用するためにも、増額を検討してみてもよいでしょう。

たくさんお金を借り、返済を滞り無く続けていれば、金利の優遇を受けられるチャンスが広がります。

返済方法は口座引落が基本

返済方法についても、 普通のカードローンとレディースローンは一緒です 

基本的には利用者が指定した、銀行口座から自動引落にて、支払いを済ませるようになります。中には自動引落は希望者のみの扱いにし、銀行振込やATMからカードを使って支払うやり方で構わないとする会社も存在します。

カードローンの滞納はわざと行う人だけでなく、つい期日を忘れていて、結果的に滞納の状態に陥ってしまう例も多くありますので、期日にきちんと支払いを済ませるためにも、口座引落を利用するのが安全です。

口座引落に使う銀行口座は、給与振込で利用しているものにすると、残高不足を回避できる可能性が高まります。

レディースローンで忘れてはならないことは、女性専用のサービスだからといって、返済に関しても優遇してくれるといった仕組みが用意されていないことについてです。レディースローンは普通のカードローンやキャッシング、目的別のローンと同じく、お金を会社から借りているのと変わりはありません。

必ず契約内容を守って、期日までに必要な金額を、カードローンを提供する会社に支払わなければなりません。女性だからと甘えることなく、ルールはきちんと守りましょう。