女性が借りやすいレディースローン

レディースローンとは、 女性だけが申し込める、専用のキャッシング のことです。

主にカードローンでレディースローンを取り扱っている場合が多く、消費者金融でこの名が使われることが目立ちます。

レディースローン自体は、利用に関して普通のカードローンと違いはありません。違いがあるとすれば、オペレーターがすべて女性であるため、相談や問い合わせがしやすいというメリットがあります。その他に関しては、大手消費者金融の場合であると、金利や最高限度額、返済日や提出に必要な書類など、大きな違いは存在しません。

オペレーターが男性であると、不安があるという女性が利用するのがよいでしょう。

特にこだわりがなければ、普通のカードローンでも問題ありません。消費者金融の他、銀行のカードローンであっても、働く女性や専業主婦なども、申し込むことができるようになっています。

給料日まで、お金が手元にほとんどないという状態は、とても不安になるものです。そのような状況でもカードローンを所持していれば、近くのATMやインターネットでの手続きを通じて、すぐにお金を用意することができ、大変助かることでしょう。

借金だからと敬遠せず、世の中の便利な仕組みを上手に活用しましょう。

レディースローンで返済が遅れると?

女性がお金を借りられるレディースローンであっても、期日までに返済を行わなければなりません。

期日までに支払うのは、借りた金額である元金と、サービスによって定められている金利を用いて算出された利息になります。利息はお金を借りる条件として付け加えられるものですので、契約通りにきちんと支払う義務があります。

もし、レディースローンの返済が遅れた場合には、何が起こるのかというと、期日の翌日から遅延損害金というペナルティーが追加されるようになります。遅延損害金も利息と同様に専用の金利で計算される仕組みになっており、支払いの遅れが長引くほど、その金額が増えるようになっています。

 遅延損害金は利息とはまた別に発生するもの ですので、返済が遅れれば遅れるほど、両方の負担が重くのしかかってくるようになります。

レディースローンを利用の際には、この点に十分注意をすることが大切です。

また、滞納を頻繁に繰り返したり、長期間にわたると、信用情報機関というところにその事実が金融事故として登録され、別のレディースローンや銀行の各種ローン、クレジットカードなどの審査の時に、契約ができない可能性が濃厚になるデメリットがあります。

利息制限法と過払い金

過去にレディースローンの返済を終えた経験を持つ人は、過払い金の発生について、調べることをおすすめします。

過払い金とは契約よりも多く返済を行ったり、法律違反の金利が適用された状態で、多くの利息を支払いながら返済を終えた状態をいいます。

特に多いのが、法律を超えた金利が適用された例です。消費者金融などの貸金業者には、利息制限法という法律が存在します。利息制限法は、融資をした金額に対し、法によって定められた金利を超える設定をしてはならないという決まりです。

しかし、一昔前の貸金業者では、利息制限法ではなく、出資法を適用することで、法律よりも高い金利を設定し、融資をしていたところが多くありました。

現在では法律の改正が実施されましたので、利息制限法を必ず守る義務が生じています。

利息制限法を超える金利でレディースローンを利用した経験を持つ人は、過払い金が発生している可能性が濃厚です。弁護士や司法書士などが過払い金の相談にのってくれますので、問い合わせてみましょう。

ちなみに、過払い金の請求は契約通りに完済していることが条件です。完済前に過払い金の請求を求める行為は、任意整理を行うことになりますので、今後のレディースローンの審査が厳しくなる恐れがあります。

銀行ならばまずありえない

過払い金の問題は、主に消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠といった、貸金業者や貸金業法で融資を行うパターンが大多数です。

銀行にも女性が借りられるフリーローンやカードローンがありますが、銀行の場合は利息制限法に違反した融資を行っている例はまずありません。また、一部のローンでは利息制限法の適用外のものが存在しますので、そのようなローンを利用していた場合に金利が高くても、過払い金の請求をすることはできません。

銀行で過払い金が生じるとしたら、口座振替で返済をしている時などに、誤って多くの金額を引き落とされたり、契約時の計算が間違っていた時くらいです。このような問題に気づいたのなら、早めに銀行に問い合わせれば、きちんと対処してくれるはずです。

このような例は、消費者金融などの貸金業者でも発生しないとは言い切れません。世の中には完璧なものなどないことを、よく理解しておきましょう。

現在の貸金業者は、利息制限法を守った融資をしていますので、今からレディースローンの利用に関しては、過払い金が発生する心配はほぼありません。

気をつけるとしたら、遅延損害金が発生してしまう滞納はしない、法律違反の営業を行う闇金を利用しないことです。